部屋のイメージに合わせたカーテンを選んだこと

リビングには家族がそろって団欒することから、いつでも明るいイメージを持たせたいと思い、オレンジのチェック柄のカーテンを引いています。夫婦の寝室には、少しばかりシックで落ち着いたイメージを持たせたいと思い、ダークグレーのストライプのカーテンを引いています。そして子供部屋には、わくわくとした楽しいイメージを持たせたいと思い、ライトブルーとイエローのドット柄のカーテンを引きました。このように、私の自宅に引いてあるカーテンには、それぞれの部屋の持たせたいイメージに合わせて、それにこだわって選んだものです。こういった考えを持ってカーテンを購入することにしたのは、この家に引っ越してきたことがきっかけでした。引っ越してくる前は、旦那さんと娘と3人でアパートに住んでいたのですが、そこではカーテンを必要とする窓が2つしかなく、どちらにも同じデザインのカーテンを引いていました。

しかし、新しい家を購入して引っ越すことになったとき、アパートで使っていたカーテンを引いても数が足りず、それならば新しく購入してしまおうと思いました。

そして、せっかく新しいカーテンを購入するのならば、何かしらこだわりを持ちたいと思い、こういった部屋のイメージを考えて購入することに決めたのです。これまでカーテンというものにあまりこだわりを持ったことはなかったのですが、1つ1つをじっくり見て選んでいると、そのカーテン1つで部屋のイメージがガラッと変わってしまい、部屋のインテリアにはとても重要なものであると思いました。そうして購入するカーテンを選んでいたのですが、あまりにも強いこだわりを持ちすぎたせいか、全ての部屋のカーテンをそろえるのに、なかなか時間がかかってしまいました。遠くのホームセンターに足を運んだり、インターネットの通販サイトで探してみたり、友人から何かいいお店はないかと情報を聞いてみたりと、いろいろな方法でカーテンを探しました。そうして今、ようやく自宅のカーテンが全てそろったのです。私は今、自宅のインテリアに対して、大いに満足することができています。リビング、私たち夫婦の寝室、娘の子供部屋のほか、洗面所やトイレ、客間にもこだわりを持ち、そのカーテンを選びました。新しい家に引っ越してきて、そこに新しいカーテンを引くことは、心機一転することができ、とてもいい機会だったと思います。カーテンにこだわりを持って正解でした。

コメントを残す

*