ゆったりくつろげるソファを求めて

そもそもソファというのは3人がけの長椅子のようなものを指して呼んでいたそうですね。今では座る事ができる人数も色々なものが販売されており、カラーバリエーションも豊富になりました。人がくつろぐときにとるポーズを色々研究した末に開発されたソファは座面の下に入っているスプリングからして素材が違います。また腰掛けの固さからうける背骨への影響や首にあたる部分の高さ、固さからうける首筋への影響をも考慮して設計されているものもあります。こだわる人が注意しておきたいのがスプリングの弾性だと思います。これは座り心地を大きく左右するものです。あまりにも沈み込んでしまうと体が痛くなってしまうし、逆に固すぎてもリラックスできませんね。自分の体のことは自分にしかわからないものですし、それによってフィットするソファも異なってきますから、満足のいくものを選びましょう。

ソファの3要素とは?

ソファには高さ・奥行き・幅、といった3要素があります。これは置き場所を決めるときや搬入するときに重要なことになりますから、確実にチェックしておきたいところです。また、ソファは実際に座って使うのが目的ですから、座ったときの脚の高さを確認しておくことも大切です。理想としては、座る座面の位置から床までの高さが40cmくらいのものが理想的だと言われているようです。もちろん人によって脚の長さはまちまちでしょうから、これは目安の高さであって実際には自分で家具店などで購入する際に座って確認してみる必要が生じます。また、搬入しようと思ったら玄関から入らない、なんていう事態が起こらないようにソファの大きさとともに搬入経路と搬入口の3要素も測っておきたいところです。多少のずれならば斜めにすれば搬入できますから、大雑把でもいいので確認しておきましょう。

白いソファは、どんな部屋にも合う

結婚してすぐ、色々な家財道具をそろえました。冷蔵庫、洗濯機、テレビ、ベッドなど一通りそろえてから、最後にソファを買いました。二人暮らしだったので、部屋をモノトーンでそろえて、ソファは、黒にするか、白にするかで悩みました。でも、カーテンが茶系で、テーブルも暗い色だったので、白を選びました。そうするとモノトーンの部屋が、ぱっと明るくなったような印象になりました。今の家に引っ越したとき、そのソファを持っていきました。今回の家は、家族仕様で、建具はすべてこげ茶にしました。なので、ほかの物をすごく明るい感じにしました。キッチンは、白にして、食器棚も白系統にしました。テレビボードは明るめの茶色を置きました。そこへ持ってきた物を置くと、全体がとても明るくやわらかい部屋になりました。今の物が古くなったら、また別の物を買いますが、また白にしようと思います。

コメントを残す

*