カーテンの価格にもいろいろあります。

家を引越ししたり、新築をしたりする際に必要となるのがカーテンです。カーテンを窓の数だけ揃えると新築ならばそれなりにお金が掛ります。

しかし、カーテンを選ぶときに自分たちで基準を作ると思ったよりもお得にカーテン選びが出来るかもしれません。新築の場合で考えてみましょう。家族が一番時間を過ごすのはリビングだと思います。また、お客さんが来た時もリビングで対応をすることが多いのではないでしょうか。人が一番過ごす場所は機能性やインテリア性を重視して選ぶことも大切だと思います。レースのカーテンは昼間に引いておくことが多いでしょうから、できるだけ外からの視線を遮断することに重点を置いて決めてみると良いかもしれません。本体のカーテンは夜に活躍するので、遮光性であったり重厚感であったり、インテリアの雰囲気と調和をするようにしてみると良いかもしれません。そういう商品は金額もそこそこすると思いますが、年単位で使うのですから慎重に、そして少しだけ思い切って検討をしてみてもいいかもしれません。値段でいえば、激安のカーテンもあります。素材なのかモデルチェンジでなのか、安さを目標に開発されたのかは、いろいろ理由は有るでしょうが激安のカーテンを選ぶとしたらどこがいいでしょうか。

考えるのは新築の場合ですから、2階は比較的お客さんが来ることの少ないプライベートな空間です。特に子供部屋は友達が遊びに来たりもしますから、汚れたりする確立もグンと高くなるはずです。そうすれば、子供部屋などに激安のカーテンを数枚用意しておいて、小まめに洗濯やクリーニングに出せばいつも清潔で、気持ちの良い空間を保てるかもしれません。ほかにも納戸であったり2階の部分には使ってみても良いかもしれません。寝室などには遮光性なども求められるので、値段と機能のバランスで選ぶことがいいかと思います。寝ていても街灯の光が気になって眠れないのでは、せっかく新築の家で休めるのにもったいないですから。それ以外にも、チョットした所の目隠し的な役割として使うのも一つの手です。食器棚の中を観えないようにするとか、いろいろと使い道があります。場所場所で上手に使えば季節によってカーテンを変える事も出来ると思います。価格が控えめなカーテンを季節でローテーションをして長持ちさせている方も多いはずです。季節で気分も変わりますし、チョットした気分転換にもなります。部屋の雰囲気が変わると、少しだけ我が家も新鮮に見えてきたりもします。

コメントを残す

*