カーテンのメーカーはたくさんありますが有名なところは品質高し

窓辺を彩るカーテン。窓とカーテンは切っても切れない関係です。また、カーテンとインテリアも切っても切れない関係にあると思います。つまり、生活には必需品となっているのです。毎日使うので、意識しないでいるかもしれませんが、カーテンを新調したり、新たな住まいに引越しをする場合には、カーテン選びは思った以上に悩むはずです。インテリアの感じを変えてしまう程の存在感があると思うからです。それだけに、素材を含めてよく考えて選んだほうが良いと思います。壁紙に合わせるだけでなく、何かもう一工夫あると部屋の雰囲気も変わるはずだからです。

大きい面積ならば尚更にイメージが変わります。また、カーテンは夜間に多用するので、住んでいる地域や環境が夜間はどうなのかを考えて見た方がいいかもしれません。朝起きた時のカーテンを透過する朝日の感じまで演出できれば最高でしょう。遮光性があるカーテンなどは安眠の強い味方です。また、日頃のお手入れにも気を配る必要があります。カーテンは窓のすぐ近くにあるので思った以上に汚れるものです。夏は窓を開けますし、冬は冬で窓の結露で湿っぽくなったりします。だから小まめに自宅でも洗濯が可能なのかはカーテン選びには大きな要素になると思います。カーテンの持つ風合いなどで部屋の雰囲気が大きく変わることは皆さん知っていると思います。夜間に出番が多いカーテンですから、インテリアに少し凝るならば照明、ライティングにも気を配ってみると、なお一層カーテンの持つインテリアとしての役割が解かるかもしれません。

そのようなカーテンを選ぶ際にカーテンメーカーの選択が重要になると思います。重厚な雰囲気のカーテンを多くラインナップしているメーカーもありますし、ポップな雰囲気の商品を多く揃えているメーカーもあります。部屋の雰囲気や家全体の雰囲気に合うようなカーテンを選びたいものです。また、最近ではプライベートブランドのカーテンも多くなってきています。どのメーカーも種類は非常に豊富なので、見本を見ているだけでも目移りしてしまうかもしれませんが、根気よく各メーカーの特色などを理解して選んでみてはいかがでしょうか。見本はどうしても小さな布になるので、実際に出来あがってみると、思っていた以上に色が濃いと感じたりします。できるだけ、ショールームなどで実際に使用する状況で確認をできれば良いのではないでしょうか。ショールームのスタッフに何でも聞いてみた方が良いアドバイスを貰えるはずです。

コメントを残す